優しい甘さが特徴の信州産あんずジャムは、人気が高い商品です。手作り感たっぷりのあんずジャムは、開封してからどのくらいの期間食べることができるのか、賞味期限がどの程度なのかわからないという方も多いかもしれません。

ここでは、あんずジャムの賞味期限や、保存の際に気をつけておきたいポイントについて、詳しくご紹介していきます。

信州産あんずジャムにはどんな特徴がある?

スプーンに乗ったあんずジャム

信州産あんずジャムは、あんずの酸味を存分に生かした、さわやかな甘酸っぱい味を楽しめるジャムです。

あんず特有のフルーティーな香りを楽しむことができるだけでなく、オレンジ色の鮮やかな見た目で、食材や食卓を美しく彩ってくれます。食感も柔らかでなめらかなものが多いため、パンに塗る以外に、ヨーグルトに混ぜてもおいしく召し上がれます。

なお、あんずの果肉には、主に次のような栄養素が含まれています。

  • ビタミンA
  • 鉄やカリウムなどのミネラル
  • 食物繊維

ビタミンAが不足してしまうと、様々な肌トラブルの原因になるといわれていますが、積極的に補給することで、肌や粘膜を適切な状態に維持することができます。さらに、健康維持のために積極的に摂取しておきたい食物繊維も豊富です。

みさお屋商店の信州産あんずジャムは、手作り感、あんずの果肉感もありますので、ぜひ召し上がってみてください。

あんずジャムはどれくらい持つ?賞味期限や保存方法

あんずジャムは、それぞれ賞味期限が異なります。一般的には、あんずジャムの糖度が高ければ高いほど、賞味期限は長いです。さらに、気密性の高いパッケージであれば、より一層賞味期限は長くなるでしょう。一般的な目安としては、次のような賞味期限となることが多いです。

  • 缶詰あんずジャム:製造から3年以内
  • 瓶詰高濃度・中濃度あんずジャム:製造から2年以内
  • 瓶詰低濃度あんずジャム:製造から18か月以内
  • 紙パックあんずジャム:製造から1年以内
  • ポーションパックあんずジャム:製造から6か月前後
  • 小袋入りあんずジャム:製造から6か月前後

上記は目安としての賞味期限なので、商品によっては、品質を保証するために賞味期限が短いものも少なくありません。おいしく味わうためにも、商品に記載されている賞味期限内に食べるようにしましょう。

なお、賞味期限までおいしさを保つには、適切な方法での保存が必要となります。保存する際には、直射日光を受ける場所や高温多湿の場所を避けて、風通しの良い暗所で常温保存するようにしましょう。開封した後は、冷蔵庫で保管して早めに召し上がってください。

手作り感たっぷり!保存料・着色料無添加の信州産あんずジャムならみさお屋商店の通販サイトへ

信州産あんずジャム

あんずジャムは、さわやかな甘酸っぱさとフルーティーな香りを楽しめるだけでなく、女性にうれしい栄養素も多く含まれています。購入したら賞味期限を確認し、適切に保存して召し上がりましょう。

保存料・着色料無添加の信州産あんずジャムをお探しでしたら、みさお屋商店の手作り感たっぷりの「misaoyaプレミアム 環境栽培 オールフルーツジャム 信州産あんず」をお試しください。信州産のあんずを一つずつ丁寧に割って、砂糖を使用せずに作り上げています。あんず本来の甘酸っぱさをぜひお楽しみください。

信州産のあんずジャムをお求めならみさお屋商店へ

店名 みさお屋商店
住所 〒395-0056 長野県飯田市大通1丁目33−3
TEL 050-3704-3308
メール info@misaoya.com
URL https://misaoya.com/
営業時間 平日10:00 ~ 17:00