程よい甘さとコクが食べやすいと人気のりんごバター。りんごバターはパンとの相性が抜群ですが、パン以外にもおいしい食べ方があります。

こちらでは、保存料・着色料無添加、砂糖不使用のりんごバターを販売する、みさお屋商店が、パン以外の食べ方をご紹介していきます。

りんごバターのおいしい食べ方

トーストにりんごジャム

りんごバターと相性が良い食べ物といえば、やはりパンです。まずは基本のトーストと合わせて、食べてみましょう。

柔らかいパンでもおいしいですが、少しカリッとした状態まで焼き上げたパンに塗れば、バターがじんわり溶け出して、りんごの甘さと非常にマッチします。果肉が大きめのタイプを選べば、味わいはアップルパイそのものです。

りんごのいい香りは食欲をかき立ててくれ、また頭を目覚めさせてくれます。お好みでシナモンやバニラエッセンスを少量かけると、より優雅な朝食に早変わりします。

パン以外の食べ方にチャレンジ!ヨーグルトやお菓子作りに

りんごバターをパン以外の食べ方で味わうなら、ヨーグルトに入れるのがおすすめです。「少し甘すぎるかな…」と思うりんごバターでも、プレーンヨーグルトのさっぱりした味わいと合わせると、ちょうどいい甘さになります。りんごバターの中には、砂糖を加えずりんごの甘さだけで作るものが多いため、糖分を気にしている人にもおすすめです。

また、バターの代わりに使用したり、焼き菓子のトッピングとして使用したりすることもできます。果肉が大きめだと食感を残せるので、食べる楽しみも2倍になるでしょう。みさお屋商店で販売している保存料・着色料無添加、砂糖不使用のりんごバターを焼きあがった焼き菓子の上に塗れば、つや出しにもなります。

保存料・着色料無添加、砂糖不使用のりんごバターは朝食から夕食まで活用できる!

パンケーキと様々なジャムバター

次にご紹介するりんごバターの食べ方は、パンケーキに添えることです。

みさお屋商店の保存料・着色料無添加、砂糖不使用のりんごバターは、パンケーキに添えてもおしゃれ。いつものパンケーキがグッとおしゃれに演出できるため、朝食が豪華に変身します。生クリームなどと一緒に添えて、カフェ風に仕上げても良いでしょう。

また、パン以外の食べ方として、カレーに入れる方法もあります。少し手の込んだカレーになると、マンゴーやりんごなどの果物をペースト状にした「チャツネ」を入れることがありますが、りんごバターはチャツネの代用として最適です。

りんごに含まれる酵素が、カレーのお肉を食べやすいやわらかさにしてくれます。お肉を炒めるときも、りんごバターが良い焦げ目を付け、おいしそうな見た目に仕上がります。

保存料・着色料無添加、砂糖不使用のりんごバターをパン以外で食べてみよう!

保存料・着色料無添加、砂糖不使用のりんごバターは、パン以外に、ヨーグルトやお菓子、パンケーキ、カレーとの相性が抜群です。料理に使用すれば、フルーティーでまろやかな味わいになり、料理のおいしさが引き立ちます。

みさお屋商店で販売している保存料・着色料無添加、砂糖不使用のりんごバターにご興味のある方は、ぜひ一度お問い合わせください。

無添加のりんごバターをお求めならみさお屋商店へ

店名 みさお屋商店
住所 〒395-0056 長野県飯田市大通1丁目33−3
TEL 050-3704-3308
メール info@misaoya.com
URL https://misaoya.com/
営業時間 平日10:00 ~ 17:00